ペットパティース小粒サイズ・フリースドライ生食【ビーフ】

価格: ¥5,657 (うち税 ¥419)
数量:
在庫: 在庫あり

返品・返金についての詳細はこちら

  • メールで紹介
  • お問い合わせ

常温で保存できる手軽で便利な生食

水でふやかすだけで手軽に生食を与えられるフリーズドライタイプの小粒サイズ。水に戻さずそのまま小さく砕いてトリーツとして与えることもできます。小粒サイズだから簡単に計量ができ、一度に食べる量が少ない小型犬にもずっと与えやすくなりました。旅先でも、また非常食としても便利な、常温で保存できる生食です。

良質のたんぱく質、鉄分も多く含まれ、活発で運動量の多い愛犬におすすめです。

オーストラリア産の牛肉に骨、野菜、果物など厳選した生の食材をブレンドし現地提携工場にて製造、鮮度と栄養価が最も高い状態を保ったまま日本でフリーズドライ加工しました。オーストラリア農林水産省において安全性が証明された人間向けの食肉だけを使用。また合成保存料、人工着色料、化学薬品は一切使用しておりません。愛犬の健康と元気をサポートする栄養食です。
※ペットパティースは100%オーストラリア産の肉を使用しています。

内容量 500g
原産国 オーストラリア
原材料 牛肉,破砕牛骨、牛レバー、牛心臓、牛腎臓、野菜(セロリ、ニンジン、チンゲン菜、ほうれん草、 ブロッコリー、スイートペッパー)など、ケフィール、果物(リンゴ,梨、グレープフルーツ、オレンジ)など、アル ファルファドライパウダー、ケルプドライパウダー、肝油、にんにく、フラックスシード・ミール
■合成保存料、人工着色料は一切使用しておりません。
成分 粗蛋白:16.00%以上、粗脂肪:8.00%以上、粗繊維:1.00%以下、水分:69.00%以下、粗灰分:3.00%以下、カルシウム:0.30%以上、リン:0.30%以上(水でふやかした後の保障分値)
給与量
調理法
給与量は犬の体重によって異なります。給与量、調理法の詳細は与え方をご覧下さい。
保存方法
注意事項
乾燥した涼しいところに保管し、賞味期限内にご使用下さい。 戻した状態のペットパティース・小粒サイズは、生肉なので長時間放置せず、食べ残しは処分して下さい。

ペットパティース小粒サイズ・フリーズドライ生食の与え方

与え方は簡単、水を加えて生食に戻るまで待つだけ。ペットパティース小粒サイズ・フリーズドライ生食を袋から取り出し容器に入れ、約5.5粒に対して水10gを加え20~30分程で生食に戻ります。肉をほぐし肉汁と一緒に与えて下さい。ドライフードのようにお腹の中で膨らむ事はありません。

1日に与える量の目安(体重の約2%)

犬の体重 1日量目安 加える水分量

犬の必要とする食事の量は個体によりそれぞれ 異なります。右記を基準にして運動量、生活環境、 年齢を考慮し適切な量を判断して下さい。

健康な成犬(授乳中の母イヌを除く)の場合、1日につき体重の2~3%にあたる重量のペットパティース・小粒サイズを与えてください。子犬にはその2倍を、授乳中の母イヌには3倍までの範囲で与えてください。

5kg 約5.5粒 100g
10kg 約11粒 200g
20kg 約22粒 400g
30kg 約33粒 600g

上手に生食に慣らすには?

今までのフードからペットパティース・小粒サイズに切り替える方法は、そのペットの好み、体調などにより、何通りにも考えられます。ここで挙げますのはほんの一例にすぎませんので、それぞれの愛犬に一番合った方法を考えて与えて下さい。

  • 今までのフードを少し減らし、その分をペットパティース・小粒サイズに替えてください。犬の体調を見ながらペットパティースの割合を増やしていき、2~3週間かけて100%生食に切り替えましょう。
  • 加熱した手作り食を与えている場合は、最初ペットパティース・小粒サイズに軽く火を通して与え、少しずつ生食に慣らしてください。

取り扱い上の注意

  • ペットパティース®オリジナル小粒サイズをそのまま与える場合は小さく砕いて与え、喉に詰まらせない様にご注意下さい。
  • 毎回与えるだけの量を水で戻します。戻した状態の小粒サイズは生肉なので長時間放置せず、食べ残しは処分して下さい
  • いつも清潔な水を絶やさないにようにしましょう。
  • ペットの食器はいつも清潔に保って下さい。
  • 生の食材を取扱う時は、ご自宅で生肉を取り扱う時と同様に、食器やまな板などを 清潔に保ち、石鹸 でよく手洗い清潔に保って下さい。

保存方法

乾燥した涼しいところに保管し、賞味期限内にご使用下さい。
戻した状態の小粒サイズは生肉なので長時間放置せず、食べ残しは処分して下さい

ページトップへ